季節株投資法を徹底検証!利回り30%超の特典あります

評価暴露レビュー トップ画像
まずは、結論から。

長所
優良株を理想的な時期に売買できるため、簡単に儲かる 
省略できる作業が多いため、さらに楽

短所
月によって投資できる銘柄数にバラツキがある
銘柄数が少ない月は株価指数が下落しやすいので要注意

先に長所から見ていきましょう。

季節株投資法の長所


経営状態・収益性・将来性・割安性などを見て、基準を超えた銘柄のみが投資対象となるわけですが、
基準に引っかかる(除外される)銘柄が見つかりません。
事実上掲載されている銘柄全部が投資対象となります。
これは日本株だけでなく、特典のアメリカ株にも言えることです。

リストの上に記載されている銘柄の方が優良性が高い傾向にあるので、
上から順に買っていけばいいわけです。
わざわざ情報サイトでチェックする必要もありません。

つまり、以下の作業が省略できることになります。
月末にとある株式情報サイト(無料)にアクセス
翌月の季節株リストに記載されている銘柄コードを入力
基準値(3項目)を超えているかどうかを確認(1つでも満たしていない項目があれば投資対象外)
銘柄が多い場合は基準値の高い銘柄を優先

ただでさえ楽な作業がもっと楽になります。
手間のかからなさについては株式商材の中では史上最強レベルです。
月数分しかかからないので、これ以下の手間となるとほぼ不可能です。

最初に記載した
経営状態・収益性・将来性・割安性などを見て、基準を超えた銘柄のみが
投資対象となるわけですが、基準に引っかかる(除外される)銘柄が見つかりません。
これは、投資対象が優良銘柄ばかりということです。

優良銘柄に投資すれば、季節に関係なく上昇する(利益が出る)可能性が高いです。
さらに季節性を考慮することによってさらに可能性が高くなります。
毎月旬の上昇しやすい銘柄だけを取引して効率性を極限まで上げる
これが季節性投資法の最大のメリットです。

短所も見ていきましょう。

季節株投資法の短所


日経平均が下落しやすい時期は、下落する銘柄が多くなるため、5月・8〜10月は対象銘柄が少ないです。
特に8・9月は1つしかありません。
特典のアメリカ株も日本と時期が異なりますが、2月・5〜9月は対象銘柄が少ないです。
9月は対象銘柄ゼロです。

日米あわせると、5・8・9月が対象銘柄が少なくなります。
対象銘柄が少ないと1銘柄あたりの資金量が多くなってしまいますが、
もともと株価指数が下落しやすい時期なので危険です。

資金全部を使う必要はありませんので、
1銘柄あたりの資金量をいつも通りにして残りの資金は休ませて下さい。
ほとんどの資金が手持ち無沙汰になってしまいますが、休むも相場です。
相場が上昇しやすい時期にガッツリ投資しましょう。

特典 利回り30%の投資商品リスト


それではお待ちかね、特典のご紹介です。
文字通り、利回り(1年間の分配金÷基準価額)が30%ある投資商品のリストです。

暴落リスクが低い

この投資商品には、株でいう株価のようなもの(基準価額)があります。
基準価額が下がることもありますが、そのリスクを減らすため安定している投資商品を厳選しています。
値下がりした分は超高利回りでカバーできますが。

大手証券会社取扱

SBi証券など大手証券会社で取り扱っていますので、
違う意味でも低リスクです(詐欺などのリスクがない)。

簡単に取引できる

証券会社のサイトにログインして購入ボタンをクリックするだけですので、
株に近い感覚で取引できます。

少額から投資が始められる

10,000円から投資が可能です。
株だと10,000円では単元未満株となってしまい手数料が割高ですが、
この投資商品は手数料は少額でも割高にならず一律です。

分散投資が簡単

分散投資は投資の鉄則ですが、実践しようとするといろいろと手間がかかります。
しかし、この投資商品の場合、株なら複数の銘柄で1つの投資商品となっているため
最初から分散投資のメリットが得られます。

個人では取扱が難しいジャンルでも投資できる

個人では新興国の個別株や債券に投資するのは難しいですが、
これらを対象とした投資商品もあります。

特典入手方法


季節株投資法本編と同様、インフォトップにログインし、
マイページの注文履歴ダウンロードからダウンロードできます。
アフィリエイトリンク(クッキー)が正常に機能していると、
購入画面に特典の記載がこのように表示されますので、
紹介者からの特典
特典の記載が表示されているのを確認してから購入して下さい。

特典付きで購入する





季節株投資法 評価暴露レビュー seasonst.dmmk.info